1298551

Softone オーディオ掲示板


[トップに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 画像認証
文字色
小型22接点抵抗の寸法に 投稿者:松山 投稿日:2016/10/17(Mon) 16:29 No.15435

ALPSの代替品を探してたところ本製品に当たりました。
中間タップ付の製品がないため諦めて、無しとしようとしてましたが、こちらを使用してみようと思います。

軸長と四角の大きさ、端子ピッチを教えてください


Re: 小型22接点抵抗の寸法に - 善本 2016/10/17(Mon) 17:02 No.15436

松山様、今日は。ソフトン 善本です。
お問い合わせありがとうございます。

軸長 25mm
四角の大きさ 横27mm、縦25mm、奥行き23mm
端子ピッチ 5mm
でございます。

宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございます。


16Ωスピーカ 投稿者:i.k 投稿日:2016/10/12(Wed) 08:36 No.15431

初めまして、大阪のH.Sさんから御社を教えて頂きました。
VT-52シングル用OUTトランスを探しています。
いろいろと教えてください。
私のスピーカは16Ωですが
・RW-40-5で帰還用16Ω巻線をスピーカ用に使えますか。
 使えない場合、16Ω巻線に改造した製品はできますか。
(SPの能率はメチャ高いので電流はあまり流れないと思います。)
・掲載されているデータで信号源インピーダンスが高いと帯域が狭くなるのは
 信号源との浮遊容量に拠る影響でしょうか。
・凄いデータですが測定はどの様にされているのですか。
すみませんがよろしくお願い致します。


Re: 16Ωスピーカ - 善本 2016/10/13(Thu) 08:36 No.15432

i.k様、今日は。ソフトン善本です。
お問い合わせありがとうございます。

>・RW-40-5で帰還用16Ω巻線をスピーカ用に使えますか。
> 使えない場合、16Ω巻線に改造した製品はできますか。

帰還用16Ω巻線は分割された1次巻線の一部分として設計されておりますので
スピーカの駆動(2次巻線)としては不適当でございます。
出力トランスは開発に多くの試作と時間を要しますので特注をお受け致しておりません。

>・掲載されているデータで信号源インピーダンスが高いと帯域が狭くなるのは
> 信号源との浮遊容量に拠る影響でしょうか。

高域に関しては漏洩インダクタンスと巻線間容量により信号源インピーダンスが高くなるほど帯域が狭くなります。
低域に関しては一次巻線インダクタンスにより信号源インピーダンスが高くなるほど帯域が狭くなります。
これは全ての出力トランスに共通の現象でございます。

>・凄いデータですが測定はどの様にされているのですか。

主にNF回路設計ブロック社様の周波数レスポンスアナライザ(FRA)を使用いたしております。
他にもアドバンテスト社様ネットワークアナライザ、アジレント社様測定器や自社製駆動アンプを用いております。

アマチュアの方が同様の測定をなさるには
デジレント社様AnalogDiscoveryとフリーソフトのFRAplusの組み合わせをお勧めいたします。

宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございます。


Re: 16Ωスピーカ - i.k 2016/10/13(Thu) 09:47 No.15433

善本様
お返事を頂きありがとうございます。

SPはAXIOM80ですが8Ω端子に接続し、1次3kΩを6kΩとして使う方法しかないのでしょうね。
SPインピーダンスは周波数により大幅に変化するので大して気にすることも無いだろうと思いますが、
少し気持ち悪いので、できれば合わせたいと思ったところです。
何か良い方法が有りましたら教えてください。

トランスに関して殆ど知識が無いので信号源インピーダンスに付いて教えて頂きました。ありがとうございます。

私もFRA-5090を使っていますが電気屋にとってこれほど重宝な測定器は無いと思っています。(高価な事が難点ですが)

宜しきお願い致します。


Re: 16Ωスピーカ - 善本 2016/10/13(Thu) 09:59 No.15434

AXIOM80に16Ω抵抗器を並列接続し8Ω化するのは如何でしょうか?
AXIOM80は大変高能率なので16Ω抵抗器で無駄使いしてもパワー不足は生じないと思います。

トランスを開発されている方にはNF社様FRAのユーザーが多いですね。
大変重宝な測定器です。


MODEL7でUL接続 投稿者:ks 投稿日:2016/10/03(Mon) 12:11 No.15425

MODEL7に関して質問です。
回路図では三極管接続のようですが
アウトプットトランスにはSG端子があるようなので
(自己責任で)UL接続に出来ますでしょうか?


Re: MODEL7でUL接続 - 善本 2016/10/03(Mon) 19:00 No.15426

ks様、今日は。ソフトン善本です。

合計カソード電流が規制される差動増幅器ならではの事情がございます。
下記、カスコード差動単段プッシュプルアンプの製作の詳細設計ページの
下の方にございます「出力管を3結とする理由」の項目をご参照下さい。
http://yoshimoto.a.la9.jp/casppamp/casppamp3.htm


Re: MODEL7でUL接続 - ks 2016/10/03(Mon) 20:40 No.15427

ありがとうございました。


貸し出しの件 投稿者:yoshio 投稿日:2015/11/30(Mon) 21:43 No.11011

こんにちは。Model8 50購入を検討してみたいと思いますが、貸し出しは可能でしょうか。ご返事いただければ幸いです。


Re: 貸し出しの件 - ソフトン 善本 2015/12/01(Tue) 08:20 No.11012

yoshio 様、今日は。ソフトン善本です。
お問い合わせありがとうございます。

ご試聴用のお貸出しを行わせて頂きます。
メールにてご発送先の
 お名前、郵便番号、ご住所、お電話番号
を添えて試聴用の貸出しを申し付け下さい。

お貸出しは1度に1機種、期間は1週間、ご返送用宅急便代のみご負担にてお願い申し上げます。
又、連続してのお貸出しはご辞退させて頂いております。

宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございます。


AnalogDiscov 投稿者:ソフトン善本 投稿日:2014/07/07(Mon) 19:29 No.9243

AnalogDiscoveryはPCにUSB接続して
2チャンネルデジタルオシロスコープ
2チャンネル任意波形発振器
2チャンネル電圧計
ネットワークアナライザ
スペクトラムアナライザ
ロジックアナライザ
等に使える万能測定器です。
AnalogDiscovery1台のみでオーディオアンプに関する下記の測定を行えました。
波形の観測、方形波応答の観測
各種の波形と任意波形の発振
実効値電圧の測定
利得と位相の周波数特性測定
歪成分分析と歪率測定
その試用記を下記のホームページに纏めてみました。
http://homepage3.nifty.com/softone/AnalogDiscovery/AnalogDiscovery1.htm


300B互換 投稿者:岡本 投稿日:2014/01/11(Sat) 12:07 No.8470

Model8の2月デリバリーご手配ありがとうございます。手許にあるEmission Labs 300B-Mesh を試して見たいのですが問題ないでしょうか?フィラメント電流は1.4Aで少し高めです。


Re: 300B互換 - ソフトン善本 2014/01/12(Sun) 08:58 No.8471

岡本様、今日は。ソフトン善本です。
弊社ではEmission Labs 300B-Mesh を使用致し事がございませんんので、Model8-300Bにご使用頂けるかは不明でございます。
先ずはEmission Labs様にWE300Bと完全互換であるかどうかをお問い合わせ下さい。
Emission Labs様がWE300B完全互換を保証されるならば、Emission Labs様責任においてModel8-300Bにてご使用下さい。
所謂300B強化版球である場合は、特性がWE300Bとは異なりますので、Model8-300Bでのご使用は御控え下さい。

宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございます。


Re: 300B互換 - 岡本 2014/01/12(Sun) 09:29 No.8472

EM社のサイトを改めて確かめたところ300Bとの差し替えは、以下の留意を促していました。
Http://http://www.emissionlabs.com/datasheets/EML300B-mesh-info.htm

1.プレート損失は定常22W、限定条件下最大 28W以下(Model8は25W)
2.アンプに1.4Aのフィラメント電流供給能力があること。

ということで、本球の使用は差し控える事に致します。ご指摘ありがとうございました。


Re: 300B互換 - 岡本 2014/07/24(Thu) 13:26 No.9259

Model 8ですが、快調に稼動しております。ところで、小生、最近モノラル再生にはまっています。ステレオ音源も左右を合成し、モノラルとして聞いています。したがって、Model 8も片側のチャンネルしか使っておりません。この場合、使わない側のCHに300Bを挿さないで動作させることは、問題ないでしょうか?アドバイスをいただければ幸いです。


Re: 300B互換 - ソフトン善本 2014/07/24(Thu) 16:15 No.9260

岡本様、今日は。ソフトン善本です。
Model8での片側300Bを挿さないでのご使用は問題ございません。
ご注意:300Bの抜き挿しは必ず電源切った状態で行って下さい。


tu-8300にRW20 投稿者:Koh 投稿日:2014/12/08(Mon) 04:14 No.9462

エレキットのtu-8300のトランスをRW20に変えようと思うのですが、電源トランスもRコアですが、3つ並べるには向きとか注意が必要でしょうか?


Re: tu-8300にRW20 - ソフトン善本 2014/12/08(Mon) 08:23 No.9463

Koh様、今日は。ソフトン善本です。
お問い合わせありがとうございます。

向きを気にせず普通に並べて大丈夫と思いますが、
他社様御製品の御改造を弊社がご指導、ご推奨申し上げるのは不適切でございます。
エレキット様にお問い合わせ頂き、エレキット様のご助言に従い御改造頂きますようお願い申し上げます。


Re: tu-8300にRW20 - Koh 2014/12/08(Mon) 08:42 No.9464

ありがとうございます。
エレキットに確認いたします。


RW-40-5について 投稿者:南部 投稿日:2016/08/07(Sun) 22:17 No.13978

いつもお世話になっております。
御社のRW-40-5についてですが、2組あるカソードフィードバック用の
巻線を、1つをカソードフィードバックに、もう一つを初段へのフードバックにと
別々の用途に使用しても、問題はないでしょうか?
以上、よろしくお願いいたします。


Re: RW-40-5について - ソフトン 善本 2016/08/07(Sun) 22:38 No.13979

南部様、今日は。 ソフトン 善本です。

カソードフィードバック巻線は分割された1次巻線の一部でございます。
回路図では出力管のプレート側とカソード側に分かれておりますが、
交流理論的には直列に繋れ1次巻線そのものでございます。
実際の巻線構造もそのようになっており、2次巻線や初段への負帰還用巻線の構造をしておりません。
私はカソードフィードバック巻線を初段への負帰還に用いた事がございませんので結果は分かりかねますが、
何らかの問題を生じる可能性はあると推測いたします。


FB-2発売について 投稿者:Kazu 投稿日:2016/05/28(Sat) 14:21 No.13706

2016年5月 AnalogDiscovery 2用フロントボックス(操作箱)キットFB-2発売予定
とありますが、いつ発売予定でしょうか?


Re: FB-2発売について - ソフトン善本 2016/05/28(Sat) 18:29 No.13707

Kazu様、今日は。ソフトン善本です。

誠に申し訳ございません。
AnalogDiscovery 2用フロントボックス(操作箱)キットFB-2の
発売予定は遅れております。
現在、発売の目途が立っておりません。


Re: FB-2発売について - Kazu 2016/05/29(Sun) 00:59 No.13708

善本様

お待ちしていますので、よろしくお願いします。


各モデルの特徴について 投稿者:久保真司 投稿日:2015/10/25(Sun) 20:45 No.10992

各機種の音質的な違い,特徴、を教えていただけませんでしょうか

Model8 300B
Model8 205D
Model8 50
Model7 KT88
Model7 EL34

オーナーの方、視聴された方、等もご教授いただければ幸いです
よろしくお願い致します


Re: 各モデルの特徴について - ソフトン 善本 2015/10/26(Mon) 09:36 No.10993

久保真司 様、今日は。ソフトン善本です。
この度は弊社Model8-300Bをご試聴頂きありがとうございます。
深く御礼申し上げます。

Model8-205Dは清楚で可憐な音色が魅力でございます。
女性の歌声には特に適しております。
しかしながら、何分にも小出力でございますので高能率なスピーカでの御使用をお勧めいたします。

Model8-50は素直で古風な音色です。郷愁と哀愁をさそう懐かしさがございます。
丁度発売の管球王国Vol78、2015年秋号に試聴記事が載りました。
多数の直熱3極管アンプの試聴記事もございますので比較しつつご覧頂ければ幸いです。

Model7はModel8に比べると広帯域で現代的音色でございますが、真空管の温かい音色も兼ね備えております。
多種の多極管を無調整でお使い頂けますので、お好みの音色の球をお見つけ頂けると思います。
又、比較的大出力でございますので小型スピーカでの御使用にも適します。

宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございます。


処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD icon:MakiMaki -